雇用者は、新しい就労ビザ規則に基づく認定が必要になります
出所:New Zealand Immigration Law Facebook

雇用者は、新しい就労ビザ規則に基づく認定が必要になります

企業は最初の 12 か月間認定を受け、その後 2 年ごとに認定を更新し、手数料は 8 月に発表される予定

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Migrant employers will need accreditation under new work visa rules

 

移民スタッフを抱える雇用主は、移民省が言うところの、一世代に一度の、就労ビザの最大の変化に直面しています。

 

認定雇用者就労ビザ(AEWV)は、来月末に終了する、古いシステムの下での6つの就労ビザと申請に取って代わります。

新しいビザの手続きは雇用主が主導します。

雇用主は、移民労働者が就労ビザを申請する前に、就職チェックを完了する必要があります。

11月から、移民を採用したい企業は認定を受ける必要があります。

これは、スタッフが自分の労働権について学ぶことができる、準拠した本物のビジネスであることを証明するものです。

 

パンデミック前の数字は、約24,000の企業が移民スタッフを雇用していることを示しました。

就労ビザ(主に必須スキルとタレントビザ)の変更に関する協議は2018年に始まり、翌年に合意されました。

当時の移民大臣イアン・リーズ・ギャロウェイ氏は、システムは非常に複雑であり、労働力が不足している企業がニュージーランド人をさらに募集または訓練したり、生産性を高めるための技術に投資したりする動機付けにはならなかったと述べました。

 

 

ニュージーランド移民局は、この変更は、低賃金の臨時労働者への依存度を下げ、スキルとインフラを改善し、移民のスキルレベルを高め、将来の経済をサポートするように設計されていると述べています。

新しいシステムでは、雇用主の認定に続いて、仕事のチェックが行われます。

これは、仕事が市場価格を支払い、雇用法に準拠していることを確認するためです。

仕事が非常に高給(中央値の賃金の200%)またはスキル不足リストに載っていない限り、あるいは地域にいて少なくとも中央値の賃金を支払っていない限り、労働市場テスト(NZ人の雇用が本当にいないのかを確認)も含まれます。

賃金の中央値を下回る賃金の仕事については、社会開発省はまた、その仕事をするために利用できるニュージーランド人がいるかどうかをチェックします。

その後、就労ビザ申請書を提出することができます。

 

企業は最初の 12 か月間認定を受け、その後 2 年ごとに認定を更新し、手数料は 8 月に発表される予定です。

労働者雇用会社を含む第三者とのAEWVに移民を配置したいフランチャイズおよび雇用主は、追加の基準を満たし、毎年認定を更新する必要があります。

パートナーシップ、ワーキングホリデービザ、就労権のある学生など、オープンな就労権のあるビザでのみ移民を雇用する雇用主は、認定を受ける必要はありません。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す