NZ独裁政権とワクチン接種後死亡・有害事象のアップデート_11/26
出所:Ministry of Health - Manatū Hauora Facebook

NZ独裁政権とワクチン接種後死亡・有害事象のアップデート_11/26

心筋炎/心膜炎、ベル麻痺/顔面神経麻痺、帯状疱疹、中絶(自然流産/流産)軒並み上昇中

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Coronavirus: Latest on COVID-19 community outbreak – Wednesday, November 24

Adverse events following immunisation with COVID-19 vaccines: Safety Report #36 – 6 November 2021

 

ジャシンダ政権は、「新型コロナウイルス保護枠組(信号システム)」 を、ニュージーランド全土で正式に発効する12月3日までに、緊急に法案を可決することを望んでいますが、野党はこのプロセスに満足していません。

国民党やマオリ党などは、特別委員会のプロセスをスキップしていると非難の声を上げています。

これにより、「義務に反対する人々やワクチンパスに反対する人々との間に、社会の隔たりを定着させているだけだ」と、付け加えています。

 

一方、人権委員会もまた、「信号システム」の法律が、完全に精査されるという保証を求めています。

このシステムは特別委員会を迂回するため、人権への影響とワイタンギ条約の義務を検討し対処する議会と国民の能力を省略していると、人権委員長のポール・ハント・ハント氏は述べています。

 

 

2021年11月6日迄に投与された総用量:7,045,721回(累積)

前回より+195,513回投与

 

報告された死亡の要約

 

2021年11月6日までに、Comirnatyワクチンの投与後に合計103人の死亡がCARMに報告されました。

CARMとMedsafeによる医学的評価の結果、次のことが判明しました。

  • これらの死亡のうち47人はCOVID-19ワクチンに関連している可能性は低い
  • 情報不足のため47人の死亡を評価できなかった
  • 8件はまだ調査中
  • 1人の死亡はワクチン誘発性心筋炎が原因である可能性が高い(検死官の決定を待っている)

 

2021年11月6日までに報告された年齢層別の死亡者数

 

年齢 死亡数
10〜29歳 3
30〜59歳 18(+2)
60〜79歳 48(+2)
80歳以上 34(+2)

*()の+数字は前回との比較

 

 

2021年11月6日までの特別な関心のある有害事象(AESI)

 

AESIカテゴリー AESI 合計
免疫系障害 ギランバレー症候群 15(+1)
血小板減少症 24(+1)
血小板減少症候群(TTS)を伴う血栓症 0
アナフィラキシー 87(+5)
心臓血管系 心筋梗塞(心臓発作) 39(+1)
心筋炎/心膜炎 235(+19)
血液とリンパ系 血栓症 39
塞栓症 82(+5)
深部静脈血栓症(DVT)

76(+4)

血管炎 56(+1)
出血 95(+1)
肝胃腸および腎臓系 急性腎障害 14(+1)
急性肝障害 <6
膵炎 6(+1以上)
虫垂炎 12(前回まで無)
神経系 無菌性髄膜炎 <6
脳炎 <6
脳卒中 74(+2)
ベル麻痺/顔面神経麻痺 128(+11)
脊髄炎/横断性脊髄炎 <6
感染症と筋骨格 多形紅斑 10(+1)
関節炎 42(+3)
帯状疱疹 209(+8)
妊娠、産褥および周産期の状態 中絶(自然流産/流産) 25(+6)

*()の+数字は前回との比較

 

深刻なものと深刻でないものの両方のすべてのレポートが含まれます。

6未満のカウントは、プライバシー上の理由から6未満として報告されます。

追加情報の受領とその後のケースの再分類により、カウントが変更される場合があります。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す