2ヶ月ごとにワクチン打たないと留学しても学校に行けなくなる???
出所:Australia. com Facebook

2ヶ月ごとにワクチン打たないと留学しても学校に行けなくなる???

2回目の投与から6か月後に投与されているブースターショットを、2か月後に投与することを求める

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Rapid COVID-19 vaccine booster shot update and retaining masks needed to curtail Omicron, experts say

 

パンデミックをきっかけに設立されたオーストラリアの独立した専門家のネットワークは、オミクロンの亜種に対応して、COVID-19ワクチンブースターを4か月前倒しすることを推奨しています。

いくつかの分野でオーストラリアを代表する専門家の80人のメンバーからなる学際的なネットワークである「OzSAGE」の4人のメンバーが11月30日月曜日にパネルディスカッションを開き、オーストラリアがさらなる封鎖のリスクをどのように減らすことができるかについて話し合いました。

パネルでは、独立した専門家のアドバイスを提供し、ワクチン接種の取り込みを増やすために連邦政府の呼びかけることが再確認されました。

 

そして、現在、2回目の投与から6か月後に投与されているブースターショットを、2か月後に投与することを求めました

西オーストラリア州のオーストラリア医師会の産業医兼評議員であるカリーナ・パワーズ氏は、「できるだけ早く3回接種のワクチン接種戦略が必要だ」と述べました。

ワクチンの2回目の投与から約2〜3か月後に免疫力の低下が始まるため、早ければ2か月から3回目の投与が必要で

OzSAGEは、オミクロンの流行が、この3回目の投与によって削減される可能性があると考えており、3回目の投与を奨励するためのコミュニケーションキャンペーンが重要です」と、パワーズ博士は述べています。

 

 

パワーズ博士はまた、連邦政府は、薬局によって現在開発されているオミクロンに適合したブースターと、新しい抗ウイルス治療についても緊急に交渉する必要があると述べました。

世界中の科学者はまだオミクロンを理解するために働いていますが、パワーズ博士は、屋内設定でのマスクの使用とQRコードのようなコンタクトトレーシング手段は「失われるべきではない」と述べました。

これらは両方とも、州が95%の2回接種目標に達したとき、または12月15日のいずれか早い方に、規制を緩和するためのニューサウスウェールズ州(NSW)政府の更新されたロードマップの下で大部分が廃止されます。

 

NSWは、南アフリカの8か国からの到着を許可されている国々が、14日間医療施設に隔離されなければならないことを意味する新しい規則を導入しました。

厳格な旅行規則により、世界中のどこからでも NSWに到着する乗客は、居住地または宿泊施設で72時間隔離する必要があります

 

ARINAの建築家兼マネージングディレクターであり、アデレード大学の非常勤教授であるGeoff Hanmer氏は、72時間の隔離は「何もないよりはまし」であるが、14日間の検疫に戻す方が賢明であると述べました。

「その明らかで悲痛な結果にもかかわらず、効果的な検疫がなければ、ホリデーシーズン全体に広範囲にわたる混乱が生じる可能性があります」

「私たちは皆、家族と一緒にクリスマスを過ごしたいと思っていますが、来週かそこらで何をするかについては非常に注意しなければなりません」

 

パネルは、脆弱なコミュニティを保護するために迅速な行動が必要であるとも述べました。

「アボリジニのコミュニティ、特に一部の遠隔地では、非常に混雑した住宅に住む可能性があります」

「私たちは、この変種がこの段階で個人間で伝染し、デルタよりもはるかに大きな影響を与えるように見えることを知っています。だから、人々が病気になるのを防ぐために、私たちができるすべてのコントロールを実際に入れる必要があります」と、パワーズ博士は述べています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す