米国 いくつかの州は、2022年に最低賃金を引き上げます

米国 いくつかの州は、2022年に最低賃金を引き上げます

全国的に、米国の連邦最低賃金は$ 7.25で、2009年以降引き上げられていません

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

These states will increase their minimum wages in 2022

 

2021年を通じて、多くの国内小売業者が最低賃金を引き上げ、2022年には、米国の州の半数以上が最低賃金を引き上げる予定です。

 

全国的に、米国の連邦最低賃金は$ 7.25で、2009年以降引き上げられていません。

2021年秋現在、16の州で連邦レベルの最低賃金が設定されています。

 

Wolters Kluwer Legal&Regulatory U.S.の給与専門家によると、新年には26の州が最低賃金の引き上げを実施する予定です。

同社のレポートによると、カリフォルニア州は1時間あたり15ドルと最も高くなりまり、ニューヨーク市を含むニューヨークの一部でも、最低賃金は15ドルになります。

10州は、今後数年間で最低賃金を1時間あたり15ドルにするために、段階的な引き上げを予定しています。

  • 2023年までにカリフォルニア(小規模雇用者向け)、コネチカット、マサチューセッツ
  • 2024年までにニュージャージー
  • 2025年までに、デラウェア、イリノイ、メリーランド(大規模雇用者向け)、ロードアイランド
  • 2026年までにフロリダとメリーランド(小規模雇用者向け)

 

7つの州では、最低時給が1ドル以上増加します。

  • カリフォルニア(13ドルから15ドル)
  • コネチカット(13ドルから14ドル)
  • デラウェア(9.25ドルから10.50ドル)
  • フロリダ(10ドルから11ドル)
  • イリノイ(11ドルから12ドル)
  • ニュージャージー(ほとんどの従業員は12ドルから13ドル)
  • ニューメキシコ(10.50ドルから11.50ドル)
  • バージニア(9.50ドルから11ドル)

2022年に最低賃金を引き上げた他の州には、コネチカット、オレゴン、ペンシルベニアがあります。

 

米国労働省によると、最低賃金を必要としない州は、アラバマ州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、サウスカロライナ州、テネシー州の5つです。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す