2022年の世界学生都市ランキング発表
出所:Massachusetts Institute of Technology (MIT) Facebook

2022年の世界学生都市ランキング発表

QSは国際的な研究計画にちょうど間に合うように、最高の学生都市のランキングを発表

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

The top student cities of 2022

 

来年の国際留学を計画していますか?

経済が回復する年として、2022年が予想されます。

したがって、高等教育もまた跳ね返ります。

学生が世界中に目を向けているので、QSはあなたの国際的な研究計画にちょうど間に合うように、最高の学生都市のランキングを発表しました。

 

過去数年と同様に、ロンドンは最高の学生都市としてランク付けされており、ミュンヘン、ソウル、東京、ベルリンがそれに続きます。

これは、英国、ドイツ、韓国、および日本が、今後1年でトップの研究目的地になることを示唆しています。

 

オーストラリアの2つの都市、メルボルンとシドニーもリストに載っていますが、1年以上国が閉鎖された結果、雇用主の活動が減少したため、オーストラリアの7つの学生都市のうち5つがランキングを下げました。

ヨーロッパではスイスの都市ローザンヌが、リストの19位でデビューし、残念ながら米国は、「体系的な衰退に苦しんでいる」ことをQSが発見しました。

これは、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)などの本拠地であるボストンの、トップ10への参入によっていくらか改善されています。

 

 

 

QSでランク付けされた、2022年の国際調査の上位10都市を詳しく見てみましょう。

出所:Hybrid

 

 

ロンドンは、生活費が高いことで知られる、英国で最も高価な都市の1つですが、同時に、ユニバーシティカレッジロンドン、インペリアルカレッジロンドン、キングスカレッジロンドンなど、世界をリードする高等教育機関のいくつかを誇っています。

国際的な卒業生のための仕事と居住のオプションと組み合わせると、この首都が国際的な研究のための長年のお気に入りであることは驚くべきことではありません。

近年、インドと中国という2つの主要なソース国からの関心が高まっています。

「ロンドンで実際に勉強した留学生からの調査への回答は、ロンドンが依然として優れた文化的、経済的、教育的機会を提供していることを明らかにしています。市内には世界のベスト10大学のうち2つがあり、世界をリードする教育の中心地であり続けています。しかし、指数関数的に増加するCOVID症例と長引くブレグジット効果は、ロンドンの特権的地位を弱体化させる可能性があります」と、QSリサーチディレクターのベン・ソウター氏はコメントしました。

 

高等教育統計局(HESA)の報告によると、ロンドンの留学生の数は、2017-18年度と比較して2018-19年度に58%増加しました。

これらの留学生のほとんど(25,650人)は、英国全体の留学生と同様に、中国から来ました。

「世界をリードする大学、繁栄するビジネスエコシステム、比類のない文化的景観を備えたロンドンでの勉強は、創造性と革新の最前線にある都市の一員となる機会を提供します」とロンドンの副市長、ラジェス・アグラワル氏は述べています。

 

QSは、QS世界大学ランキングで少なくとも2つの著名な大学があり、人口が少なくとも250,000人の学生都市をランク付けしています。

95,000人以上の留学生と卒業生が国際的な研究のためのトップの目的地を決定する際に考慮されます。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す