2022年初頭に留学生を迎える準備に取り掛かるオーストラリアのQLD
出所:Visit Queensland, Australia Facebook

2022年初頭に留学生を迎える準備に取り掛かるオーストラリアのQLD

別の1,000床の検疫施設が、ダマスカス兵舎に提案されており、2022年半ばまでに建設される予定

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Queensland quarantine facility plans revealed

 

オーストラリアのクイーンズランド州の首相は、州内の空港に検疫施設を備えた、留学生の到着を開放する計画を発表しました。

留学生は、2022年初頭から、ブリスベン近郊のトゥーンバウェルキャンプ空港にある施設で、検疫に参加する予定です。

施設には、2021年末までに約500台のベッドが用意されます。

 

「大学は、留学生が適切な時期にクイーンズランドに戻ることについて、ある程度の確信を持つ必要性について私たちに話してきました。私たちは、留学生たちに来年初めに来てもらいたいのです」

アナスタシア・パラシェイ首相が述べたと、ブリスベンタイムズが報じました。

「私たちが動かなければ、他の州が留学生の大部分を占めることになります。これは実際には私たちの経済にとって数十億の価値があります」と、パラシェイ首相は付け加えました。

この発表は、ニューサウスウェールズ州が12月から2週間に約250人の留学生を呼び戻す計画を明らかにした後に行われました。

 

声明の中で、Study Queenslandは、留学生の安全な到着のための計画について、国際教育部門と協力していたと述べました。

「留学生はクイーンズランド州に重要な社会的および経済的貢献をし、私たちのコミュニティを豊かにし、教室や職場でグローバルな視点を提供します。Covid-19以前は、国際的な教育と研修はクイーンズランド州で2番目に大きな輸出サービスであり、2019年の州経済に58億ドルを貢献し、多くの地元の仕事を支えていました」

オーストラリア統計局によると、州からの教育輸出収入は2020年に約21%減少しました。

 

 

 

クイーンズランド州の観光イノベーション大臣であるスターリング・ヒンチリフ氏は、留学生の入国のタイミングは、国の国境に責任を負っているため、連邦政府の決定であると、以前に述べていました。

「私は、Study Queenslandおよび州の副首相と緊密に協力して、連邦政府が決定した後の留学生の安全な入国のための取り決めを強化してきました」と、ヒンチリフ大臣は5月に述べています。

 

Covid-19の制限は、9月30日にクイーンズランド州の一部でさらに厳しくなり、ブリスベン市とGold Coast City Councilがリスクの高い影響を受けた地域として分類されました。

パラシェイ首相は、国境が開く前に、資格のあるすべてのクイーンズランダーにワクチンを接種するよう求めています。

「国があまりにも早く開放されたところで、実際に症例数の急増を見ました」

 

別の1,000床の検疫施設が、同じくブリスベン近くのダマスカス兵舎に提案されており、2022年半ばまでに建設される予定です。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す