7 月上旬までに旅行者の検疫規則を緩和する可能性
出所:Healthy Canadians Facebook

7 月上旬までに旅行者の検疫規則を緩和する可能性

第 1 段階では、ワクチン接種済みの旅行者が COVID-19 検査で陰性だった場合、検疫を回避できるようにする

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Canada could relax quarantine rules on travellers by early July: minister

 

地元の報道によると、完全にワクチン接種を受けている免除旅行者は、カナダに到着すると、緩和された検疫規則の対象となります。

カナダのパティ・ハイドゥ保健相は、すでに旅行制限を免除されている旅行者は、到着から14日以内にCOVID-19ワクチンの2回目の投与を受けた場合、14日間完全に検疫する必要はないと述べたことを、CIC ニュースが報じました。

 

Immigration, Refugees and Citizenship Canada (IRCC) によると、留学生は現在、有効な学習許可証を持っていて、州または準州によって承認された COVID-19 準備計画で指定された学習機関 (DLI) に通っている場合、カナダに入国できます。

留学生が知っておくべきことは次のとおりです。

 

カナダに入国する旅行者は、引き続き COVID-19 の検査を受けます。

彼らは、国境に到着したときにポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) の陰性検査を提供し、結果を待つ間、検疫を行う必要があります。

検査結果が陰性であれば、最短で 1 日で開放される可能性があると報告書は述べています。

 

カナダで承認されたワクチンのみが受け入れられます。

現在、カナダは、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ファイザー、モデルナの4つのワクチンを承認しています。

ハイドゥ保健相は、Health Canada が将来的に他のワクチンを評価すると付け加えました。

これらの措置がいつ実施されるかについての明確な日付はありませんが、症例数が減少し続ければ、「7月初旬」に実施される可能性があると示唆しました。

 

 

連邦政府はまだ州政府と公安および入国管理局と協議しています。

政府当局者は、国境規制が 6 月末、または 7 月末に緩和される可能性があることを示唆しています。

 

以前、ジャスティン・トルドー首相は、政府は完全にワクチンを接種した旅行者から始めて、カナダとの国境を再開するための段階的なアプローチを検討していると述べています。

段階的なアプローチがどのようになるかを決定するために、トルドー首相は、政府は国際的な症例数や世界のワクチン接種率などの指標を考慮に入れると述べました。

考えられるシナリオの 1 つは、第 1 段階では、ワクチン接種済みの旅行者が COVID-19 検査で陰性だった場合、検疫を回避できるようにすることです。

 

カナダが昨年3月に封鎖されて以来、旅行制限と強制検疫規則が実施されています。

政府は、4 月 22 日現在、カナダがインドとパキスタンからのフライトを一時停止にしていることを思い出させます。

渡航制限は、ほとんど警告なしに変更される可能性があると付け加えています。

政府はまた、インドまたはパキスタンを経由してカナダに向かう航空旅客に対して、カナダへの旅行を続ける前に、第三国から COVID-19 の出発前検査を受ける必要があるという要件を拡張しています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す