7 月 4 日までに 70% のワクチン接種という米国の目標は疑わしい

7 月 4 日までに 70% のワクチン接種という米国の目標は疑わしい

米国は目標を達成するかもしれないが、すべての州が目標を達成するわけではない

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

US goal of 70% vaccination by July 4 in doubt

 

夏の旅行やアクティビティは急速に勢いを増していますが、米国全体での COVID-19 ワクチンの接種率は劇的に低下しています。

国が新しいコロナウイルスの発生と後退を経験する可能性があるという懸念があります。

実際、CDC は、10 代の若者がワクチンの対象となったにもかかわらず、COVID-19 に感染した 10 代の若者の入院率が上昇していると警告しています。

 

ジョー・バイデン大統領は、7 月 4 日までにアメリカ人の 70% にワクチンを接種するという目標を設定しましたが、ホワイトハウスはその目標が達成されることにあまり自信を持っていないようです。

「私たちは引き続き、7 月 4 日まで進めていきます。しかし、私たちは何週間も前に私たちがどこにいるのかを予測することはできません」と、ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は語りました。

ワクチン接種率は、特に南部で、4 月の 1 日あたり 300 万回と比較して、1 日あたり 100 万回を超えるまで急落しました。

12 歳以上の人が対象となったにもかかわらず、この低下は起きています。

 

 

先週末にかけて、ファーストレディのジル・バイデン氏とアンソニー・ファウチ博士は、ワクチンを投与しているハーレムの歴史的な教会を訪れました。

ホワイトハウスは、需要がないために全国のワクチン接種施設が閉鎖されているため、教会やコミュニティが信頼するその他の場所が、大統領のワクチン目標を達成するための鍵になると述べています。

「家に帰って、友達に電話したり、メールしたりして、これがとても簡単だったし、とても素晴らしかったと伝えてください」とジル・バイデン教育学博士は述べました。

「私たちはこのアウトブレイクを確実に終わらせようとしています。それを終わらせるための手段はワクチン接種です」とファウチ博士は語りました。

 

全米の 70% のアメリカ人に少なくとも 1 回のワクチンを投与するという目標を米国がまだ達成できる可能性はありますが、すべての州がその目標を達成する可能性は低いようです。

ワクチン接種率が低い州では、特に旅行の増加と新型コロナウイルスの新しい亜種により、新たな COVID-19 の流行が発生する可能性があるという懸念があります。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す