COVIDウイルスと一緒に暮らすのかどうか
出所:100% Pure New Zealand Facebook

COVIDウイルスと一緒に暮らすのかどうか

ニュージーランドが何とか獲得したものを維持し続けることを優先する

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Week in Politics: Learning to live with the virus – or not

 

ニュージーランド政府は、Covid-19の将来が、私たちに何をもたらすかを示しています。

 

「私たちはこのウイルスと一緒に暮らすことを学ばなければなりません」

これらは、英国のボリス・ジョンソン首相が、急増する症例にもかかわらず、7月 19日に英国のすべての制限が解除されると発表したときの言葉でした。

 

オーストラリアも同様ですが、より慎重な姿勢を取っています。

「私たちは国として、ウイルスの抑制から焦点を移す必要があります」

スコット・モリソン首相が封鎖を終わらせ、国境を開放するという 4段階の計画を発表した後、最終的にはウイルスと一緒に暮らし、入院、死亡、重病を予防することになると、述べました。

 

2つの政府によるこれらの広範囲にわたる決定は、ニュージーランドで議論を開始し、政府は、初めてキウイの将来がどうなるかを示しました。

Covid-19対応大臣のクリス・ヒプキンス氏は、英国のやり方を展開しないと述べました。

「劇的な変化よりも漸進的な変化が見られる可能性があります」

ヒプキンス大臣はチェックポイントで、それについていくらかの明確さを与えました。

「年末にかけて、計算された変化が見られると思う」

「私たちがそれらの変化に備えているのを見るでしょう。今から年末までの間にさまざまなことを試していますが、私たちは慎重にそれを行っています」

 

ヒプキンス大臣は、変更の1つは、検疫に入る必要なしに、ニュージーランドを訪れる、低リスク国からのワクチン接種を受けた人々を見ることができると語りました。

しかし、ワクチン接種の検証が必要であり、それを国際的に行うための決まった方法はまだありません。

 

 

ジャシンダ・アーダーン首相は、月曜日の閣僚後の記者会見で質問を受け、

「ニュージーランドが何とか獲得したものを維持し続けることを優先する」と、述べています。

 

 

野党国民党の党首ジュディス・コリンズ氏は、ヒプキンス大臣が英国の計画を却下したことに同意したと、Stuffに述べました。

「ニュージーランド人は一般的に異なる考え方をしており、コミュニティでCovidをまったく受け入れたくない傾向があります」

「私は人々にCovidに慣れるように言うつもりはありません。結局、このようなものは私たちの肺に深刻な影響を及ぼします」

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す