NZの国境が2022年初頭までに留学生に再び開かれる可能性は低い

NZの国境が2022年初頭までに留学生に再び開かれる可能性は低い

教育大臣は、国境制限は今後9〜12か月間続く可能性が高いと指摘

ご訪問ありがとうございます。

 

弊社がサポートしている一つの高校より連絡が入りました。

弊社も同じ見解で、

2022年初頭に、留学生のニュージーランドへの渡航は、

まだ無理だと思います。

 

 

ジャシンダ・アーダーン首相は2022年から旅行者は、

出発国でのワクチン接種状況と感染レベルに基づいて、

3つの経路(低・中・高リスク)として、

ニュージーランドに入国することが許可されることを発表しました。

詳しくは、こちら から

 

 

しかしながら、2022年初頭から直ぐに入国が可能になるのなら、

既に、ニュージーランドにいる留学生や、就労ビザや一時滞在ビザの方々こそ、

先ずは、行き来を可能にするべきではないかと思います。

 

 

ニュージーランドへの留学希望者も多くいらっしゃいますが、

中には、3年近くご家族や友達に会えない生徒さん

そして、3年近くお子さんに会えない親御さんもいることもご理解して頂き、

一緒に早期の国境再開を願いたいですね。

 

ニュージーランド政府は、低リスク、中リスク、高リスクの国の出国であるかどうかに基づいて、2022年初頭からワクチン接種を受けた旅行者に対して、徐々に、国境を開放する意向を発表しました。

しかしながら、教育大臣(クリス・ヒプキンス氏)は、国境制限は今後9〜12か月間続く可能性が高いと指摘していま

政府は、現在の管理された隔離および検疫(MIQ)スキームを、学齢期の留学生が休暇で帰国した場合の再入国の解決策とは見なしていません。

 

ワクチンとワクチンパスポートによっては、将来、ニュージーランドの国境で他のアプローチが行われる可能性がありますが、ニュージーランドの国境が2022年初頭までに、インターナショナルスクールの学生に再び開かれる可能性は低いと考えています。

あなたの息子が家に帰ることを選択した場合、あなたの息子は、ニュージーランドに戻ることができなくなります。

彼の学生ビザ更新は、ニュージーランドの国境が再開されたとしても、彼が戻ってくるのに間に合うように処理されません。

 

2021年の終わりに、帰国するのではなく、12月から1月の学校の休暇のためにニュージーランドに滞在することが、あなたの息子の最善の利益になると強く信じています。

あなたの息子にもう1年間会わないことは、家族にとって非常に残念で困難なことですが、現在の状況では、彼をニュージーランドに留めておくことは、彼にとって最も安全で、教育的に最も有益であると、わたしたちは結論付けています。

 

あなたの息子が12月から1月の学校休暇中にニュージーランドに滞在することに同意した場合、わたしたちが必要に応じて彼の宿泊施設の手配をお手伝いします。

昨年の夏休みには、何人かの留学生が私たちの休日の活動や旅行ツアーに参加しましたが、今年も引き続き、他の学校や外部プロバイダーと協力して、彼にさまざまな休暇のオプションを提供していきます。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Dear Parents,

I am writing to keep you informed on the current COVID-19 situation in New Zealand, the school’s view on the borders, and our approach for the upcoming December – January school holidays. We hope that this will give you enough information for a well-informed and considered plan for your son, and we ask that you reply to this email to advise us of your decision.

 

Current COVID-19 situation in New Zealand relating to International Students

  • Auckland is currently at Alert Level 4 with strict restrictions aiming to control the virus and bring life back to normal as soon as possible.
  • The New Zealand government has announced its intention to gradually open our borders from early 2022 to vaccinated travellers, based on whether they are from low, medium and high risk countries. 
  • The Minister of Education indicated that border restrictions are likely to continue for the coming 9-12 months.
  • The government does not view the current Managed Isolation and Quarantine (MIQ) scheme as a solution for the re-entry of school aged students if they return home for a holiday. 
  • There may be other approaches at the border in the future depending on vaccine and vaccine passports.
  • The COVID-19 vaccine roll out programme is most likely to be completed by the end of 2021.
    Immigration New Zealand has extended its suspension of offshore temporary visas including student visa applications till February 2022.

 

We are of the view that New Zealand’s borders are again NOT likely to reopen to international school-aged students by early 2022.

What does this mean to your son for the upcoming December-January school holiday if he chooses to go home?

  • Your son will not be able to return to New Zealand if he chooses to go home.
  • His education in New Zealand will most likely be disrupted and discontinued. 
  • His travel and medical insurance will not be extended to cover medical costs if he is infected overseas. 
  • His student visa renewal will not be processed in time for him to come back even if New Zealand’s borders reopen.

 

We strongly believes that it is still in the best interests of your son to stay in New Zealand at the end of 2021 for his December – January school holidays, instead of returning home.

We understand that not seeing your son for yet another year will be extremely disappointing and difficult for your family, however, the current situation leads us to conclude that keeping him in New Zealand would be the safest, and most educationally beneficial for your son.

 

If you agree for your son to stay in New Zealand during the December – January School Holiday, we will help organise his accommodation if needed. We know some students will be able to stay with parents, local relatives, or a guardian. Others will most likely stay with their existing host families or a new homestay family.

Last summer holidays, some of our students participated in our holiday activities and travel tours. This year we will continue to work with other schools and external providers to provide a number of holiday options to your son.

We now ask for you to please indicate your preferred option about your son remaining in, or leaving New Zealand by clicking on the button below and completing the questions asked. This will help us with our planning.

Thank you for your attention, I look forward to hearing from you soon.

 

Kind regards,

Follow me!

コメントを残す