NZの大学は2023年まで留学生の入国を予想してない
出所:University of Otago Facebook

NZの大学は2023年まで留学生の入国を予想してない

NZの大学の労働者700人弱が、COVID-19の国境制限によって留学生数が削減されたため失業または退職

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

COVID-19: Otago University calls for voluntary redundancies

 

オタゴ大学は、COVID-19のパンデミックが高等教育に打撃を与え続けているため、スタッフを解雇することを計画しています。

 

9日水曜日の声明で、大学はCOVID-19の初期の経済的影響に対応することができたが、来年以降の影響は挑戦的であると明らかにしました。

オタゴ大学の副学長であるヘレン・ニコルソン氏は、希望退職制度は10月4日月曜日に始まると述べました。

 

ニコルソン副学長は、大学は留学生の集団の再構築が2023年まで始まるとは予想していないと、述べています。

「その後、学生数が回復するまでに、最大10年かかる可能性がある」

「国際的な数を制限するという歴史的な慎重さは、ニュージーランドをより深刻な影響から隔離しましたが、留学生の登録数の減少により、現在、年間1,500万ドルの収益を失っています」

「大学の収入が運用コストに追いついていなく、国内の学生からの収入では単に十分ではありません」

出所:University of Otago Facebook

 

「私たちは、現在および将来、スタッフと学生に安全で適切な作業環境を提供することに取り組んでいますが、大学の現在の学生は、今年と来年にすでに登録されているプログラムの影響を受けません」

 

声明の中で、ニコルソン副学長は、すべての常勤スタッフが自発的な余剰人員の解雇への関心の表明ができ、関心の表明は11月15日に終了し、決定はその2週間以内に行われると述べました。

 

 

3月の報告によると、ニュージーランドの大学の労働者700人弱が、COVID-19の国境制限によって留学生数が削減されたために、経済的影響により失業または退職したことがわかりました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す