NZはクリスマスまでに、ワクチンパスポートが利用可能に
出所:CBS Interactive Inc.

NZはクリスマスまでに、ワクチンパスポートが利用可能に

NZ全国の救急科がすでに定員に達して「深刻な懸念」を抱いている中、突き進むのか?!

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Vaccine passports this year: PM says no change to 2022 border opening

Covid-19: No reason to delay ‘overall’ plan for reconnecting – Ardern

 

ジャシンダ・アーダーン首相は、ニュージーランドは来年の段階的な国境開放に向けて順調に進んでおり、保健省はワクチンパスポートが12月から利用可能になることを確認していると述べています。

このコメントは今週の議会で、国境再開計画を、デルタに直面して作り直す必要があると述べた、Covid-19対応大臣のクリス・ヒプキンス氏と対立しています。

 

先月発表された当初の政府計画では、今年の後半に自宅で自己隔離できるワクチン接種を受けた海外旅行者の、限定的な試運転が行われる予定で、その後、2022年に段階的に国境が再開されます。

計画の鍵は国のリスクプロファイリングでした。

そのため、ワクチン接種率が高く、Covid-19の感染レベルが低い国や地域は、ウイルスが蔓延している国や地域とは異なる方法で処理できます。

しかし、ヒプキンス大臣は、リスクに基づいて国を「階層化」することは問題になる可能性があることを認めました。

「ここ数週間でさえ、デルタは実際にそれについての考え方の一部を変えたと言っても過言ではありません。実際、それが適切なことであるかどうかを検討する必要があります。この時点ですべての国が、この国(NZ)に来るすべての人々には、ある程度のリスクが伴うことを認識しています」とヒプキンス大臣は述べています。

 

しかしながら、アーダーン首相は、政府は常に懸念の変化を考慮に入れていたため、「立場に変化はなかった」と述べました。

「したがって、彼の言及は、私たちがこの再接続フレームワークを持っているという事実への言及でした。これはそのままですが、その中には国のリスク評価があり、彼のコメントは、各国の個別のリスク評価の重要性への言及にすぎません。実際にはこれらの懸念の変種があるので、デルタの個々の症例は非常に問題があります。そして、それをすべての国のリスクプロファイリングに組み込む必要があります」

 

一方、オタゴ大学の疫学者マイケル・ベイカー教授は9日、リスクベースの国境を設ける計画発表わずか5日後に、NZ全土にロックダウンを引き起こしたデルタ亜種の発生により、数ヶ月遅れる可能性があると警告しました。

出所:University of Otago, Wellington

 

ベイカー氏は、再開が遅れる理由はいくつかあると述べたが、最も明白なのは限られたリソースであり、発生と闘うために多大な努力が払われているので、物事を行うための新しい方法を試すために残されたものはほとんどありません。

「もちろん、もう1つの大きな変化は、これから接続するすべての国にデルタバリアントがあると思います」

 

救急医は、COVID-19に感染した患者が流入する可能性がなくても、全国の救急科がすでに定員に達しているため、「深刻な懸念」を抱いていると述べています。
デルタの発生が増加すると、私たちの救急部門は大きな負担にさらされています。
病院が満員になると、ウイルスが広がるリスクが高まることも懸念されます。

以上、2021年8月19日の こちらの記事 より

 

デルタの発生が、地域の病院に圧力をかけ続けているため、全国から100人の看護師と医師がオークランドで支援するために待機しています。しかし、臨床医は、これは、全国的な労働力不足が解消されない限り、他の地域の患者が手術リストから外れることを意味する可能性があると警告しています

以上、2021年9月3日の こちらの記事 より

 

ヒプキンス大臣はまた、出発前のテストチェックは、人々が24時間以内に感染する可能性があるため、デルタ環境ではあまり役に立たない可能性があると述べました。

つまり、フライトの72時間前に取得したテストは役に立たない可能性があります。

 

 

アーダーン首相は、ワクチンの状態は旅行者にとって最も重要な要素の1つになると述べました。

保健省は、ワクチンパスポートが今年後半にキウイが利用可能になることを確認しました。

「QRコードと安全なデジタル署名、つまり「seal」が含まれます。証明書は、ハードコピーで印刷したり、スマートフォンに保存して表示したりできます」と、保健省のワクチン接種業務マネージャーであるアストリッド・コーンニーフ氏は述べています。

コーンニーフ氏は、保健省はデジタルワクチン接種証明書を新しい国際規格と互換性があるように設計しているため、可能な限り多くの国で認識できると述べました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す