NZは第1四半期まで国境は閉鎖されたままです:NZ移民大臣

NZは第1四半期まで国境は閉鎖されたままです:NZ移民大臣

ワーキングホリデーと季節労働ビザがさらに6か月延長されました

ご訪問ありがとうございます。

 

ついに、ニュージーランド移民大臣は発表してしまいました。

ニュージーランドへの留学は

最短でも2022年4月以降になりそうですが

状況が好転して

少しでも早まることを願います。

 

出所です。

Working holiday and seasonal work visas extended for another six months

 

ビザの有効期限が切れる何千人もの労働者は、さらに6か月間、ニュージーランドで仕事を続けることができます。

政府は12日火曜日に、12月から2022年6月の間​​に失効する、ワーキングホリデービザと補足季節雇用(SSE)就労ビザを自動的に延長すると発表しました。

 

クリス・ファーフォイ移民大臣は、来年の第1四半期まで国境は閉鎖されたままであるため雇用主が来たる夏の期間に既存の労働力を維持できるようにすることが重要ですと、述べています。

 

2021年12月21日から2022年6月30日までの間に有効期限が切れる8,500人以上のビザを持つ人々が、この変更の恩恵を受けるように設定されました。

ニュージーランド移民局は、11月末までに自動延長について、すべての適格なビザ保有者に連絡する予定で、ビザ保有者は新しいビザを申請する必要はありません。

 

延長はオンショア労働力を利用できる多くの産業にとって安心であるが、ファーフォイ大臣は、延長は一時的な措置に過ぎないと強調しました。

「私たちは、ニュージーランドの移民システムの長期ビジョンに引き続き取り組んでいます。これには、低賃金で低スキルの移民労働者への依存から脱却し、キウイを仕事や投資に引き付け、訓練し、スキルアップする新しい方法に移行するセクターが含まれ、ニュージーランドのCOVID-19の回復を支援する生産性対策に投資します。一部のセクターはすでにこの分野で大きな進歩を遂げていますが、やるべきことはまだまだあります」

そして、雇用主やセクター全体に、進行中の国境制限を将来の計画のチャンスと見なし、海外市場に目を向ける前に、より多くのニュージーランド人に役割を移行して、採用する方法を考えるように促しました。

 

 

ファーフォイ大臣がこれらの分野の延長を発表したのはこれが初めてではありませんでした。

今年の6月21日から12月31日までの間に期限切れになるワーキングホリデーとSSEビザには既に、6か月の延長が与えられました。

6か月の期間は、移民法の下で一度に許可された最大の延長でした。

 

このビザ延長は、推定165,000人の移民とその家族に1回限りの特別な永住権を提供する、最近発表された「2021 Resident visa」など、雇用主を支援するために政府が行ったその他の変更を補完します。

過去18か月間のその他の変更には、18,000人を超える重要な労働者とその家族を連れてくる国境の例外、および賃金の中央値を下回る賃金の仕事の新しいエッセンシャルスキルビザの期間を12か月から24か月に延長することが含まれています。

 

Notes:

  • 対象となるビザは、有効期限が切れた日からさらに6か月間、ニュージーランド移民局によって自動的に延長され、ビザ保有者は、新しいビザを申請する必要はありません
  • 2009年の移民法に基づき、移民大臣は、特別な指示により、一度に最大6か月間のみワーキングホリデーおよびSSEビザを延長することができます

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す