NZ以外からのビザ申請は さ・ら・に 一時停止が延びそうですね

NZ以外からのビザ申請は さ・ら・に 一時停止が延びそうですね

ニュージーランド移民局は、新しい申請書の処理が優先事項である

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Immigration NZ staff to be re-trained over one-off residence visa applications

 

ニュージーランド移民局は、最近発表された「2021 Resident visa」の処理を引き受けるために、これ以上のスタッフを採用することを計画していません。

代わりに、12月にアプリケーションがオープンしたときに、既存の従業員を再訓練するとしています。

 

クリス・ファーフォイ移民大臣は先月、7月に申請が締め切られる前に165,000人が、2021 Resident visaの対象となる可能性があると発表しました。

一方、政府はこのビザで、既にニュージーランドにいる約11万人が申請できると述べています。

 

2021 Resident visaには、5,000人を超える医療従事者と高齢者介護労働者、約9,000人の主要産業労働者、800人を超える教師が含まれています。

ファーフォイ大臣は、一部の建設および製造労働者も資格があるとことも述べています。

 

 

そして

ニュージーランド移民局は、新しい申請書の処理が優先事項である

と、述べています。

 

国境およびビザ業務のゼネラルマネージャーであるニコラ・ホッグ氏は、12か月以内に、そしていくつかは、はるかに迅速に、申請の大部分を決定することを約束していると述べました。

ホッグ氏は、海外事務所の閉鎖に続いて、入国管理システム全体でビザ申請の予測増加を処理し、容量を増やすためにスタッフが採用されるだろうと、述べました。

 

はるかに迅速に処理されるのが

5,000人を超える医療従事者と高齢者介護労働者

約9,000人の主要産業労働者

800人を超える教師のビザで間違いないでしょう。

 

現在、

ニュージーランド以外からのビザ申請は、2022年2月6日迄一時停止

になってますが

一時停止は、ほぼ、延期になりそうですね。

 

オークランド-成田路線については、引き続き2022年3月26日まで週1便の運航を継続

してますので

これとも合致もしますし

週1便も更に、継続延期する可能性もありそうですね。

 

NZは第1四半期まで国境は閉鎖されたままです:NZ移民大臣

と、上記のファーフォイ大臣は以前に述べてもいますので

これにも合致します。

 

オークランドのロックダウンが続いてる影響で

弊社の一部学生ビザ申請も滞っています。

ビザ申請に健康診断が必要なのですが

ロックダウン解除迄、健康診断を受け付けていません。

 

このような延長する学生ビザもありますし

クリスマスとニューイヤーホリデーもありますので

どれもこれも対応はできないと思われます。

 

私の予想が外れることを切に願います。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す