NZ オークランドは最も住みやすい都市のリストでトップ、ウェリントンはトップ 5

NZ オークランドは最も住みやすい都市のリストでトップ、ウェリントンはトップ 5

NZはパンデミック前の生活に似た、ライフスタイルを楽しむことができています

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Auckland tops lists of most liveable cities, Wellington makes top five

 

COVID-19は、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)の最も住みやすい都市の年間ランキングを揺るがし、ニュージーランド、オーストラリア、日本の島国が最高の結果を残したため、ウィーンに代わってオークランドを 1 位に押し上げました。

 

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(英: Economist Intelligence Unit)は、イギリスの定期刊行物『エコノミスト(Economist)』の調査部門である。

世界の国家や工業を分析し、情報を提供している企業で、旧ビジネス・インターナショナル・コーポレーション(英語版)(1986年に米会社に編入)が親会社である。

民主主義指数という一覧を2006年から隔年で、また世界平和度指数やクオリティ・オブ・ライフ インデックスなどといった指数一覧を発表している。

詳しくは、こちらから

 

オーストリアの首都は 2018 年以来リストのトップに立っており、140 の都市中心部の調査でメルボルンと並んで首位に立っています。

しかし、ニュージーランドが地理的隔離に助けられた封鎖措置により、国境内での COVID-19 の排除は、その都市に大きな後押しをもたらしました。

EIU は声明で、「ニュージーランドの厳しい封鎖により社会が再開し、オークランドやウェリントンなどの都市の市民が、パンデミック前の生活に似たライフスタイルを楽しむことができている」と述べています。

 

EIU は通常、完全なランキングを公開しません。

オークランドが最後にトップ 10 に入ったのは 2017 年で、8 位になりました。

これは、メルボルンが今年ジュネーブと共有した順位で、トップだったウィーンは 12 位に下落しました。

 

ニュージーランドの今年の優位性を示し、ウェリントンもトップ 10 に入り、順位を 2 つ上げた 2 位の大阪に次ぐ 4 位となりました。

アデレードは、同胞のシドニーとメルボルンを追い抜いて、10 位から 3 位に押し上げました。

昨年のランキングがキャンセルされたため、最新のランキングは 2019 年のものです。

 

 

「COVID-19のパンデミックは、世界の生存能力に大きな打撃を与えました」

「世界中の都市は現在、パンデミックが始まる前よりもはるかに住みにくくなっており、ヨーロッパなどの地域が特に大きな打撃を受けていることがわかります」と、EIU は述べています。

 

欧州連合はワクチン接種キャンペーンを開始するのに苦労し、オーストリアを含む多くの加盟国は、彼らが望んでいたよりも多くの封鎖を課し、「文化と環境」の尺度で都市のスコアを傷つけました。

 

評価される他の 4 つのカテゴリーは、安定性、ヘルスケア、教育、インフラストラクチャー(道路・港湾・河川・鉄道・通信情報施設・下水道・学校・病院・公園・公営住宅などが含まれる)です。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す