NZ クライストチャーチは公認魔法使いとの契約終了に
出所:STUFF

NZ クライストチャーチは公認魔法使いとの契約終了に

「ウィザード」という名前のニュージーランドの運転免許証を保持しているウィザード

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

New Zealand City’s ‘Official Wizard’ Has Been Taken Off Its Payroll

Council to stop paying The Wizard $16,000 a year after 23 years on the payroll

The Wizard of New Zealand

 

クライストチャーチの市議会は、観光資金を再配分します。

これは、ウィザードが解雇されることを意味します。

イアン・ブラッケンベリー・チャンネル氏(別名ウィザード)は、過去数十年間で、彼は合計368,000ドルを稼ぎ、クライストチャーチ市の宣伝活動の一環として魔法やその他のウィザードの行為を提供しました。

 

評議会の最高経営責任者であるリン・マクレランド氏は、市の「宣伝風景」が変化しているため、評議会は地元の魔道士を解雇する「難しい決定」を下し、「多様なコミュニティをますます反映する」提供物に資金を提供したいと語りました。

契約終了に納得していないウィザードは、市議会を「想像力のない役人の集まりだ」と批判し、現地ニュースサイトStuffに対し、「彼らは私の世界的名声を活用できていない。クライストチャーチの宣伝に魔法使いを、使わなかったことにがっかりしている」と語りました。

 

 

「ウィザード」という名前のニュージーランドの運転免許証を保持しているウィザードは、1974年にこの国に移住し、それ以来クライストチャーチに定着しているとCNNは報じています。

英国生まれのチャンネル氏は元英空軍パイロットで、リーズ大学で心理学と社会学の優等学位を取得した経歴を持っています。

 

チャンネル氏が公の場で活動を始めた当初、クライストチャーチ市当局は逮捕しようとしたが、ウィザードの人気は高まる一方で、10年後、あるラグビーの試合で掛けた魔法が効かなかったことを理由に、ウィザードがクライストチャーチを去ると表明した際には、市議会が思いとどまるよう説得しました。

ラグビーの重要な試合で勝利をもたらす呪文を唱えるなど、催事に呼ばれてまじないを掛けることも多く、雨乞いのため隣国オーストラリアに招かれたこともありました。

そして市議会から「クライストチャーチの魔法使い」に任命され、1990年には「ニュージーランドの魔法使い」としてマイク・ムーア首相(当時)の公認を受けました。

また、2011年のカンタベリー地震の後、ウィザードは何百もの歴史的建造物の取り壊しを迎えた抗議の波の中で、重要な役割を果たしました。

 

ウィザードは、街からお払い箱にされても、クライストチャーチのアートセンターに定期的に出演し、観光客や地元の人々とおしゃべりを続けると述べました。

「それは何の違いもありません。私はまだ続けます。彼らは私を止めるためには、私を殺さなければならないでしょう」

 

ウィザードは、トリップアドバイザーの評価(5つ星のうち4つ)を獲得しています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す