NZ ワクチン完全接種の定義を3回接種者に検討中

NZ ワクチン完全接種の定義を3回接種者に検討中

保健省は、今月末からブースター接種が利用可能になることを考慮して、” 完全ワクチン接種 ”の定義を検討する初期段階にある

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Coronavirus: Ministry of Health considering whether to change definition of ‘fully vaccinated’ against COVID-19

 

保健省によると、ファイザー-バイオエヌテックCOVID-19ワクチンを2回接種しても、すぐに「完全にワクチン接種された」とは見なされない可能性があります。

 

革新的なmRNA技術に基づいて世界的に展開された最初のワクチンの1つであるこのワクチンは、過去12か月間でその有効性が証明されており、ワクチン接種を受けた人はワクチン接種を受けていない人よりも感染、入院、死亡する可能性がはるかに低くなっています。

しかし、それらの有効性が2回目の投与からわずか6か月後に低下し、多くの国が「ブースター」接種のラウンドを開始するという証拠があります。

 

世界保健機関は、貧しい国々が最初と2回目の接種を展開する間、豊かな国々に延期するように促しましたが、それは米国、フランス、イスラエルなどがブースターキャンペーンを開始するのを止めませんでした。

現在、世界で12歳以上の人々の中で、ワクチン接種率が高いニュージーランドは、11月末に追随する予定です。

 

先週初め、英国は当初の設計どおり「完全ワクチン接種」を2回ではなく3回であるとすぐに、再定義すると発表しました。

ボリス・ジョンソン首相は、「3回目のブースターを接種することが重要な事実になり、あらゆる点であなたの生活を楽にすることは非常に明白だ。それを考慮に入れるために、完全なワクチン接種を構成するものの概念を調整する必要があります、そしてそれはますます明白になると思います」と、述べています。

 

 

現在のワクチン製剤は、COVID-19の元の株と戦うように設計されました。

デルタは免疫された人々にも感染する、はるかに優れた能力を持っていますが、ワクチンは依然として深刻な病気を予防するのに非常に優れています。

ブースター接種は同じやり方で、デルタに対してよりよく機能するかは、現在テスト中(人体実験中)です

 

今週リリースされた政府のワクチンパスは、要求された日から6か月間有効です。

Newshubは保健省に、「完全ワクチン接種」の定義を変更する計画があるかどうか尋ねました。

広報担当者は、「保健省は、今月末からブースター接種が利用可能になることを考慮して、” 完全ワクチン接種 ”の定義を検討する初期段階にある」と述べています。

 

専門家は、SARS-CoV-2ウイルスがどのように進化するかに応じて、急速に進化するインフルエンザウイルスの場合と同様に、定期的なブースター接種の必要性に直面する可能性があると長い間述べてきました。

 

しかし、3回目の接種が最初の2回接種よりも、さらに強力な長期的な保護を提供するという有望な兆候があります。

ファイザーワクチンを展開した最初の国であるイスラエルからのデータは、それが最初の2回接種よりも長続きする保護を与えることを示唆しています。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す