NZ ワクチン接種義務化の免除を4つの学校が申請
出所:100% Pure New Zealand Facebook

NZ ワクチン接種義務化の免除を4つの学校が申請

11月29日から無料のファイザーブースターショットが利用可能になることを発表

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

No schools have applied for COVID-19 vaccine mandate exemptions – Ardern

Latest on COVID-19 community outbreak – Monday, November 15

 

ジャシンダ・アーダーン首相は、教育労働者のCOVID-19ワクチンの義務化が始まると、多数の辞任が生じるのではないかとは疑っていません。

学校職員へのワクチン義務化は15日月曜日に発効しましたが、アーダーン首相は、教育省に免除を申請している学校を知らないと述べています。

学校職員は先月政府が発表した健康命令の下で、15日までにワクチンの最初の接種を受けなければなりませんでした。

 

アーダーン首相はAMショーで、「免除申請はどの学校からも行われておらず、影響を受けるスタッフはいるかもしれないが、その影響は管理できていることを示している」と述べています。

これは、先週のFire and Emergency New Zealandに、従業員にワクチンを接種するための2週間の延長が認められた後のことであり、その義務化も月曜日に発効する予定です。

 

アーダーン首相はホストのエリック・ヤング氏に、ニュージーランドには1,400以上のスクールバス路線があり、その義務の影響を受けたのは約17路線だけであると語りました。

「繰り返しになりますが、これらの影響が見られるのはごく一部です。必要な人のために、免除を求める能力がありました。学校の運営能力に実際に重大な影響を与える可能性のある問題がある場合、私が言うように、今日までそれらのどれも受け取っていません」

 

アーダーン首相は、政府がそもそも義務化を導入した理由を指摘しました。

「これは常に、ワクチン接種ができないニュージーランド人のグループ、ニュージーランド人の大規模なグループがいるためでした。彼らは私たちの子供です。私たちが彼らを保護し、学校で可能な限り安全な環境を作ろうとする最善の方法は、ワクチン接種とワクチン接種が可能な大人を雇うことです」

 

アーダーン首相は、学校の校長と理事会の大多数が義務の背後にある理由を理解していると確信していると述べています。

「この義務を管理するためのサポートが必要な場合は、教育省がサポートします」

教育関係者は1月1日までに2回目のワクチン接種を受ける必要があります。

 

 

その後の、4時からのメディアブリーフィングでアーダーン首相は、2,500校のうち、11校は人員配置の問題のリスクが高く、全体として4つの免除申請があったことを述べました。

 

 

そして、ニュージーランドは世界で最もワクチン接種を受けている国の1つであると、アーダーン首相は述べています。

そして、ワクチンは6か月後に効果がないわけではなく、ブースターが免疫力を回復させると述べました。

アーダーン首相は、6か月前に2回目の投与を受けた人のために、11月29日から無料のファイザーブースターショットが利用可能になることを発表しました。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す