NZ 信号機システム、ワクチンの義務化、12歳未満のワクチン接種に抗議
出所:Discovery New Zealand

NZ 信号機システム、ワクチンの義務化、12歳未満のワクチン接種に抗議

NZ 小児COVID-19ワクチンが暫定承認を受ける

ご訪問ありがとうございます。

 

出所です。

Covid-19 Delta outbreak: Today’s cases, vaccine mandate protesters take march to Parliament

Coronavirus: Latest on COVID-19 community outbreak – Thursday, December 16

 

ワクチン義務の抗議者たちは、数十人のバイクライダーがエンジンを回転させて行進した直後の正午過ぎに議会に到着しました。

議会の前庭の警察の数はほぼ2倍になり、約50人の警官が入り口を警備しています。

自由と権利の連立からの抗議者は、今朝ウェリントンの市民広場に集まり、午前11時過ぎに議会への行進を開始しました。

出所:Discovery New Zealand

 

推定2,000人がウェリントンのシビックスクエアに集まっており、彼らは、信号機システム、ワクチンの義務化、および来年から12歳未満のワクチンを接種する政府の計画に抗議しています。

出所:Discovery New Zealand

 

抗議者たちは「LABOUR MUST GO」という旗を掲げています。

Labourは、ニュージーランドの中道左派、社会民主主義政党で、党首がジャシンダ・アーダーン首相

 

 

 

一方、Medsafeは、ファイザー-バイオエヌテックCOVID-19ワクチンを5〜11歳の子供が利用できるようにすることを暫定的に承認しました。

MedsafeのグループマネージャーであるChris Jamesは、ワクチンは若い年齢層に適応していると述べています。

「Medsafeは、品質、安全性、有効性の高い基準を満たしていることが確認された場合にのみ、ニュージーランドで使用するワクチンまたは医薬品を承認します」

暫定承認は、少なくとも21日間隔で投与されるファイザー-BioNTechの小児用ワクチンの2回投与に対するものです。

 

保健省の全国免疫プログラムディレクターであるAstrid Koornneefは、ニュージーランドでの小児用ワクチンの展開の可能性に備えるための作業が順調に進んでいると述べています。

「Medsafeの承認はプロセスの最初のステップであり、COVID-19ワクチン技術諮問グループは現在、ニュージーランドでワクチンを使用するかどうかの内閣の決定を通知するために保健省にアドバイスを提供しています」

「内閣がニュージーランドでワクチンを使用することに同意した場合、ワクチンを安全かつ効率的に展開するためのシステムをできるだけ早い機会に導入したいと考えています。これは、必要なトレーニングを完了し、コミュニティと協力してワクチンを展開することを意味します」

内閣によって承認された場合、小児用ワクチンの展開は、2022年1月末までにニュージーランドで開始される予定です。

 

👇こちらをクリックして頂きますとランキングが見られます <(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

Follow me!

コメントを残す